クラウドが活きる高品質マニュアル翻訳|ここまで来た訳術

英語

学習に役立つ

英語

翻訳サービスにはWeb翻訳がある。これらの翻訳機能はそれぞれ特徴があり、目的によって使い分けることができる。スマートフォンにより、翻訳機能に音声認識が加わり異国の相手と不自由なくコミュニケーションが取れるようになった。

Read More

事前準備が肝心

英会話

マニュアル翻訳を依頼する場合、各社の公開している作業内容を確認しながら業者を選択する様にしてみてください。マニュアル翻訳では、自社で必要とする用語などもありますので、用語集を準備し、提出すると依頼の際にも便利です。

Read More

使われる技術

英語

翻訳といっても、文学作品とマニュアルの間には大きなギャップが存在します。産業翻訳の代表ともいえるマニュアルの場合、仕事というより作業としての特徴が大きいといえます。

Read More

翻訳者への依頼

プロに任せることでマニュアル通りに翻訳してくれます。どの翻訳会社を選ぶべきか、ランキングで比較したデータを元に選びましょう。

翻訳を依頼する前に中身をよく確認

英語

翻訳というのは、プロによって行われる作業です。最近は、ネット上でオンライン翻訳が簡単にできたり、無料アプリも多く見られます。例えば、友人間のメールやさほど重要でない文章を翻訳する場合は、それでも問題ありません。しかし、ビジネスで使用する正式な文書や製品マニュアルの場合、いい加減な翻訳で処理することは、トラブルの元になりかねません。 そのためにプロの翻訳者に依頼するのですが、一般的には翻訳会社を通することになります。その理由は、ほとんどの翻訳者はフリーで働いているので、予め登録している翻訳会社から依頼を受けて仕事をするというスタイルだからです。 翻訳会社に依頼する前、中身をよくチェックし、翻訳が必要な個所とそうでない個所があるなら、必要な個所だけを選ぶことで費用と時間を節約できます。また、どんな形態で受け取るかについても工夫ができます。編集などの仕上げ作業を省けば、その分安く、そして早くできるでしょう。

翻訳会社の担当者と仲良くなる

通常、翻訳会社には営業担当や翻訳者とのやり取りを担当するコーディネーター、翻訳された文書を編集する現場スタッフなど多くの人が働いています。 仕事を依頼する際、窓口は営業担当になりますが、細かい打合せが必要な場合、翻訳者との連絡係であるコーディネーターとの話し合いが必要になるかもしれません。 もし、同じ翻訳会社に継続して仕事を依頼するようなら、この人たちと連絡をよく取り合うことで、少しこちらの仕事を優先してもらったり、中身のチェックに力を入れてもらったり、それなりにメリットがあるようです。 さらに重要なのは、翻訳作業を効率化するための協力を行うことで、ますます仕事の質を高めてくれる効果が期待できます。例えば、用語集の作成とか、編集上のポイントをまとめたりなど、実際に作業する人間にとって有益な支援は、とても感謝されます。